脱毛のクーリングオフは施術後は無理?

 

脱毛の施術を受けるには高い料金を支払わなければなりませんが、特定商取引法上の特定継続的役務の一つとされており、この法律に基づくクーリングオフの対象となっていることはよく知られています。

 

クーリングオフ制度では一定の要件を満たしていれば契約者は一方的に解約することができ、既に施術料金を支払ってしまった場合は返還を受けることができますが、適
用期間に関する要件については契約日からの経過日数のみによって決まるため、施術後であっても制度を適用し、契約を解除することができます。

 

クーリングオフ制度を利用した脱毛の契約解除ができるのは、原則として契約書を受領した日から8日目までです。

 

ここでポイントとなるのは、起算日が契約書を受け取った日となっていることで、脱毛サロン側が契約書を交付しない場合はいつまでもクーリングオフを行使することができる仕組みになっています。もし、サロン側が意図的に書面での契約を交わさなかったとすれば、その後何回施術を受けたとしても、施術後にいつでも解約することができます。

 

また、クーリングオフがサロン側からの妨害行為によってできなかった場合も、契約解除の期限を明記した解除妨害解消書面が契約者に交付されない限り、
いつでも一方的に契約を解除することができます。クーリングオフの妨害行為は特定商取引法で禁止されており、
違反した店の者は処罰の対象となるので、実際に妨害を受けた場合は単に契約を解除して代金の返金を求めるだけでなく、消費者団体や警察などと相談して対応をとるようにしましょう。

 

なお、脱毛の施術でクーリングオフが適用できるのは、
契約期間が1ヶ月を超えていて、料金が5万円を超える場合に限られており、プランによっては適用対象外となることがあるので注意が必要です。

 

【池袋のおすすめ全身脱毛サロン】

 

→全身脱毛池袋【※一番安い!おすすめサロンはココ(≧▽≦)ゞ】

 

※ベスト5!をご紹介!